12月の恋

忘年会
クリスマス
大晦日
・・・・



12月のカレンダーはいつも空欄が無くて予定がビッシリ
独身の頃は会社の行事・友人との食事会
そして彼氏とのデート
結婚した現在は子供の行事・パート先の忘年会・地域行事
カレンダーの予定内容は変われど毎日何らかの予定が・・
ただ一日を除いて・・
毎年どんなに忙しくても12月19日に予定はいれない
それはあなたの誕生日・・あなたと約束した日
わたしが本当に愛した人
人を愛すること教えてくれた人
7つも年上のあなたは大人で・・
同級生しか付き合ったことがなかったわたしは、あなたの包み込むような優しさにどんどん惹かれていった
出会いも12月
寒空の中、わたしの親友が会社の先輩のあなたを紹介してくれた
親友の婚約者として・・
最初はただ親友の婚約者としか見てなかった
でも駅で偶然会ったときに親友のことで相談したいって言われてメールアドレスを教えたのが・・
悪かったのか良かったのか・・
最初は親友の相談だったけど・・
何度も連絡があって電話でも話すようになった
わたしの複雑な家庭環境や学生時代の挫折そしてわたしの病気
なぜか全て話すことができた
いつのまにかあなたがいないとだめな自分になってた
あなたも同じだよって言ってくれた・・
許される恋じゃない
許してもらう恋じゃない
でも止まらない
親友は親友
好きな人は好きな人
それが重なることなんて普通ない
でも普通ないことが普通にある
あなたが好きすぎて罪悪感なんてなかった
でもあなたは親友と結婚した
結婚式での友人代表挨拶で泣いてたのは、友人の幸せの門出に感動したからじゃない
その時あなたは申し訳なさそうにわたしを見ていたね
初めてあなたのそのやさしさを嫌だと思った
嘘でも幸せそうにしてほしかった
その優しさは優しさじゃないんだよ・・
今わたしはそんなことを思い出しながらあなたとよく会ってたカフェにいる
郊外にある許されない二人が会うにはピッタリな場所
12月19日 午後7時
毎年この日この場所この時間にわたしはいる
そしてコーヒー1杯飲んで7時30分に帰る
もう6年目
今年もあなたは来なかった・・
来るわけないのは分かってたけど・・
あなたとの約束を信じてるバカなわたし・・
あなたと出会って2回目の12月・結婚式が近ずく12月にあなたは「もし俺たちが結ばれるのなら・・許されるのなら・・俺の誕生日の午後7時に来てほしい 相手が来なければ30分で帰る」
そんな約束したあなた・・
わたしはあなたを忘れるために別の人と結婚して子供にも恵まれて幸せだった
でも幸せのふりのほうが正しいかも
親友からの幸せそうな年賀状に負けないように、旦那と子供との写真付きの年賀状を送ってたはず
でも心の奥で虚しさだけが残ってた・・
そして旦那もうすうす気付いてたみたい
6年前円満に離婚・・
だから6年前からこの日・この場所・この時間
大切な365分の1日 
あの時に出会わなければよかったのか
どうなのか・・
その答えが見つかるには30分じゃ時間が足りない・・
続きは来年のこの日この場所この時間に考えよう・・