密です密です!二人は密です!

新型コロナウイルスの影響であなたと会えない

外出自粛

遊園地も映画館も閉まってる

行くとこないけど

会えればいい

車の中でも

公園でも

どこでもいい

密は禁止されてるけど

あなたとの密は我慢できない

触れ合う手

強く抱きしめて

唇が重なり合う

密です

だって好きだから

コロナになんて負けない

二人は密です!

鍵のかかった部屋

わたしが通ったあなたの部屋

毎日あなたが帰ってくるのは待って

ごはんを食べて

実家暮らしのわたし

10時になったら帰る

休みの日はその部屋でゴロゴロ

出不精の二人はゴロゴロ

でも楽しかった

なんでもない日々

大切な日々・・だった

ちょうど3回目の夏が過ぎて

秋にはその部屋に行かなくなった

いや・・行けなくなった

突然の別れ

毎日通ってたからついつい仕事帰りに小田急線に乗ってしまう

あなたの部屋がある向ヶ丘遊園駅に向かって

多摩川を超えるともうすぐ・・

いつも多摩川を見ながら笑顔になってた

でも今は・・

「川崎は東京みたいなもんだよ」

あなたはいつもムキになってた

わたしが目白に住んでるからバカにしてるって・・

そんなことないのに・・

あなたが住んでたから凄く好きだった 川崎

でも今は訪れるとあなたの思い出ばかりで

現実と思い出が交錯して辛い

あなたの住んでた街

あなたが住んでた部屋

あなたからもらった部屋の鍵

もうあなたの部屋にその鍵を差しても開かない

あなたとの思い出の部屋

でも今は

ただの鍵のかかった部屋

緊急速報 Jアラートが鳴るたびに

緊急速報
Jアラートの音でわたしは一瞬心臓が止まる
大地震を経験したわたしたち
Jアラートが鳴るたびにあの時を思い出す
石巻にある大学に通ってたあなた
あの地震の時連絡が取れなくて
九州は大きな被害はなかったから最初は大丈夫だと思ってた
だけどテレビで東日本の悲惨な状況を目の当たりにして
わたしことの重大さに気付いた
携帯に連絡しても繋がらない
あなたの親に聞いても連絡がないと・・
いてもたってもいられない日は10日続いた
そして11日にあなたの親から無事だとの連絡
ずっと泣いてたから涙はもう出ないと思ってたけど
嬉し涙は別だった
本当よかった
それから地震速報やJアラートを聞くとあなたの無事を思うようになった
あなたの苗字になって一諸に住んでる今も
それは変わらない・・