LOVE LETTER 思い出はポケットの中

槙原敬之「LOVE LETER」
あなたはこの曲が好きだった
そしてその歌詞のように
あなたには渡せなかった
あなたへの「LOVE LETER」
あなたは大学のサークルの先輩
二つ年下のわたしは青森から上京
大学の掲示板の前で声をかけてきた
サークルの勧誘
青森から出てきて初めて話したのがあなた
背が高くてどこか方言があって東京の人って感じじゃなかった
後で聞いたら九州出身
九州弁が抜けないって話してた
津軽弁が少しコンプレックスだったわたしに
「東北弁ってかわいいな!東北の人って本当に色白だね。俺色白な女に弱い」って初対面で言われた
なにかの縁と思いあなたがいるサークルへ
何をするわけでもないただの飲み会サークル
でも色々友達ができてよかった
最初の頃は「この子は東北から来て訛ってるけどバカにすんなよ!俺のお気に入りだからバカにしたら俺が許さんけんな」だって・・
九州の人の話し方は男らしい
そんなこんなで交際がスタート
1年が過ぎあなたは就職活動
あなたは地元に就職予定
実家が事業をしてるから関係会社に就職して修行
俺の地元に来て将来の社長夫人になるかって笑いながら言うあなた
悪くない
あなたと一諸なら
そんな気持ちなんて気づかない
就職が決まりあなたとわたしは離れ離れ
別れる話もなく続けていく話もなく
ただ時間が過ぎ
あなたが地元に帰れる日東京駅にサークル仲間と見送り
あなたの声とサークル仲間の声が砂利に吸い込まれて
電車が通るたびにとぎれとぎれに聞きなれたあなたの声が聞こえる
風通しの悪さと人の熱気で汗ばむわたしにハンカチを差し出すあなた
そしてこう言った
「卒業したらでいいから俺の地元に来てくれないか」
突然で返事ができなかった
あなたが乗る新幹線が出る時間
あなたは乗り込み一生懸命手を振ってた
そして新幹線はあなたが変える南に向かって走りだした
本当は手紙を渡すはずだったの
内容は
今すぐでもあなたが帰る街に行きたい
大学なんて辞めていい
あなたと一諸になれるなら
立派な社長夫人になるから
そんな内容の手紙をポケットの中に
あなたが好きだった曲みたいに渡しそびれないようにと
絶対渡そうと思ってたけど・・
渡せなかった
なぜかわからない
わたしは平凡なサラリーマンの妻
それなりに幸せ
社長夫人でもないし
九州に住んでない
東京でそれなりに暮らしてる
でも
あの時のLOVELETERは・・
まだポケットの中にしまったまま

濃厚接触

あなたと濃厚接触したい
手を繋いで
抱きしめられて
キスされて
こんな時だからこそ
触れてしたい
不安な気持ちを失くして
あなたの傍にいたい
マスクも持ってる
手洗いもうがいも毎日してる
あなたに会える日を楽しみに生きてる
濃厚接触してもいいでしょ?

夢の途中 あなたとわたしの夢は続く

わたしの夢は
あなたの夢
あなたの夢は
わたしの夢
それ以上でもそれ以下でもない
限りある時間の中
あなたと一諸といたい
それが叶わない夢だとしても
夢なんて言葉忘れればいい
二人で歩んだ軌跡
それは正しいも間違いもない
二人が歩んだ奇跡
だからずっと一諸にいよう
二人で夢を追い続ければいい
追い続けることが二人のゴール
逃さないように
忘れないように
苦しくなったとき
目を瞑ったとき
お互いが浮かべばオーケー
夢の途中
二人の夢は続く・・

でられなかった卒業式 わたしはまだ卒業していない・・

卒業式
それはわたしがあなたから卒業する日だった
でも卒業式にでることができなかった
わたしとあなたが出会ったのは高校2年生の春
最初は同じクラスで仲の良いグループにいただけ
でもその年の夏にあなたから告白されて付き合うように・・
お互いおっとりとした性格でケンカもなく楽しかった
でも一つだけ心配が
進学校に通う私たちは勉強が忙しい
デートはもっぱら図書館
地元の国立大学の医学部を目指すあなたと
東京の外国語大学を目指すわたし
卒業後は離れ離れ
俗にいう遠距離恋愛になるのはわかってた
それでもお互い目標に向かって励まし合ってた
そして高校3年の冬
いよいよ受験の時期にわたしが病気に
親は何の病気は教えてくれなかった
年明けの1月から入院
お医者さんからは受験は諦めたほうがいいと・・
落ち込むわたしの病室には毎日あなたはお見舞いに来てくれた
受験勉強が大変なのに優しいあなた
でもそんなあなたにわたしは酷いことを言ってしまった
病室でいつも通りお見舞いに来てたあなたと話してたとき
ふとあなたがこう言った
「病気で受験できなくて残念だけど俺はお前と4月以降も一諸にいれるから幸せだよ」
たぶん悪気があったわけじゃない
でも外語大を目指してたわたしはその言葉が許せなくて
「わたしの気持ちなんてわかってない!出ていって!もう別れて!」
そう言って謝るあなたを無視して外に追い出した
親や看護師には二度と病室に入れないようにお願いした
毎日毎日病院に来るあなただけどわたしは拒否した
先が見えない入院生活にイライラしてたのかも
あなたは無事地元の医大に合格
わたしは卒業式には一時退院して参加していいって先生から言われてた
だから卒業式に出てあなたにちゃんと謝るつもりだった
そしてずっと側にいてほしいって言うつもりだった
ごめんなさいって
でもできなかった
わたしの病状が急変して卒業式にはでれなくなった
昏睡状態が3日も続いて・・
なんとか回復したときは卒業式の二日後
わたしの高校生活は病室で終わった
あなたに謝ろうと思ってたのに
そして、あなたがわたしの病室に来ることはなかった
酷いことを言ったし酷いことをしたから自業自得
でもやっぱり寂しかった
親や友達にこの気持ちを伝えてもらうことはできたけど
先が見えない不安でできなかった
だから卒業式なら言えるような気がしてた
あなたに甘えて
卒業式は夢幻
あなたとの未来も幻に
今わたしは年に数回の入院をしながら生活してる
あなたは地元の県立病院に勤務してる
あなたが務める県立病院にも何回か入院したこともある
でもあなたと会うことはなかった
今からも会うことがないでしょう
結婚して幸せなあなた
わたしはあの卒業式にでることができなかってこと悔んで生きてる
本当に優しかったあなただから
わたしたちはもう会わないほうがいい
でも・・どこか寂しい時がある
わたしは卒業してないから
高校・・
そして
あなたからも

渡せなかった手紙 イタリアで元気にしてますか?

渡せなかった手紙
あなたは幼馴染
同じ町に生まれ
同じ幼稚園
同じ小学校
同じ中学校
同じ高校
親同士も仲が良かったから家族ぐるみ
あなたがイタリア料理人を目指そうとしたのはわたしの家での出来事から
あなたがわたしの家に遊びに来た時
料理好きのわたしの母がつくったカルボナーラを食べて・・
凄く感動してた!
その場で母に作り方を教えてもらって
そからというもの憑れたようにイタリア料理人になるって言ってた
あなたの家は厳しくて料理人になることを反対されてたからキッチンが使えず
わたしの家によく来てわたしの母と料理してた
わたしの母が最初に師匠
母は・・
あなたに料理を最初に教えたのは、わたしだっていつも自慢してる
そう・・世界的な料理人になったあなたに
高校は行かず料理に世界に行きたいあなた
医者になってほしいあなたの両親
あなたはしぶしぶ高校は進学校に行ったけど
進路でザワザワしてる高校3年の夏
あなたが高校卒業後イタリアに行くって噂が広がった
成績がトップのあなたが
それも料理人を目指して
歴史ある県内一の進学校のトップが・・
学校やあなたの親は猛反対
でも意志は固った
あなたが高校入学からアルバイトをいっぱいしてた理由がその時わかった
親は反対するだろうからイタリアに行く資金は自分で準備しておく
真の強いあなたはずっと前から計画してたんだね
あなたの夢
あなたの夢を叶えてあげたくて
わたしの母に相談して家のキッチンを使うこと
わたしの母に料理を教えてあげてほしいってお願いしたこと
あなたの夢を叶えてあげたくて・・じゃない
本当はあなた好きでずっと側にいたくて・・
いつも一諸にいたかったから
あなたにとってわたしは良き理解者
でもわたしはそうじゃない
ただ好きなだけ
ただ・・
イタリアに旅立つ日
同級生やわたしの母も一諸に見送り
そして遠くに学校の先生
あなたの両親も・・
よかった
みんなに見送られて
本当に良かった
わたしは見送る中の一人
しょうがないけど少し寂しい
あなたが機内に向かう前
わたしにこう言った
「今まで本当にありがとう!有名なイタリア料理人になって帰ってくるから!元気でな!」
帰ってくるからの言葉嬉しかった
あなたと握手したときわたしが「あの・・」って言ったけど同級生たち突然胴上げを始めて
最後まで言うことができなかった
そして渡すことができなかった
あなたへの手紙
それはポーチの中
そしてあなたは旅立って行った
それから10年後あなたの店が三ツ星レストランになったことが日本でも報道された
メディアで大きく報道される昔と変わらないキラキラしたあなた
あなたの夢は叶ったのかな
わたしの夢は叶いそうにない
その夢はあの時渡すはずだった手紙に書いてた
そうわたしの夢をあなたとイタリア料理店を開くこと
あなたへの手紙
それはまだ・・ポーチの中

レミオロメン 3月9日 この日はあなたとの大切な日 

3月9日
少しだけ暖かくなる3月初旬
暖かい風を感じると
この日が近ずくと
あなたとの思い出が
あなたと過ごした5年間
6回目の3月9日はひとりだった
それからもずっとひとり
ラジオから流れるレミオロメンの「3月9日」
この曲は切なくて
春の歌なのに
わたしには特別な曲
始めてこの曲を知ったのはあなたの車のカーステレオから
あなたが何度も好きだって言ってた
だからこの日は私たち二人にとって記念日でもなんでもないけど
ふたりの特別な日
一諸にいて食事して
なんでもない普通のデートでいいから一諸にいようってあなたは言ってた
そして
「この日に結婚式をあげよう」
「結婚しても毎年この日は必ずデートしよう」
いつもこの話をするあなた
わたしはその言葉が嬉しかった
本当に嬉しかった
本当にそれが叶うと思ってた
でも無理だった
あなたと過ごした5回目の3月9日
食事をしてドライブしてあの曲をふたりで聞いて
幸せな時間
そして11時を過ぎてわたしの家に送ってくれた時
急に真面目な顔でわたしを見つめて
「来年はデートもドライブできない」
わたしは驚いて
「なぜ?」
泣きそうなわたしに
あなたは・・
「来年の今日は決婚式の予定だから」
「ダメ?」
わたしは泣きながらあなたに何度も
「バカ」「バカ」って
笑いながら抱きしめてくれた
優しくそして強く
凄く幸せだった
ずっと抱きしめてくれると思った
あの日が最後だなんて思いもしなかった
そう・・
まさか・・
あの日わたしを送ってくれた後
10号線でカーブを曲がり切れず帰らぬ人に
何もかも失い
何もかも信じられなくなった
あなたが優しく抱きしめてくれた感触
あなたの声
あなたの香り
そして車から流れてたあの曲
何もかも覚えている
「思い出にしないと」
「前に進まないと」
そう思って必死に努力したけど
忘れられるように努力したけど
あの曲が流れてくると
あなたが好きだったあの曲が流れてくると
思い出にできなくなる
ダメなわたしを笑ってるかな
ダメなわたしは・・
相変わらず3月9日をあなたと過ごしてる
この先もずっと・・
だってあなたが決めた・・
約束だから

「就職」の二文字は私たちを引き裂いた

「学生」の2文字が二人を繋いでた
「就職」の2文字が二人を簡単に引き裂いた
あなたが通ってた大学は小高い山の上
向ヶ丘遊園駅を降りて線路沿いを歩いて・・
急な坂道を登りあなたが通ってた大学が
緑の看板が所々に・・
サークルの勧誘看板と学生運動的な看板が混在する奇妙な光景
楽しそうな学生を後目に大学のメインストリートを抜け、購買センターを曲がるとあなたが住んでたアパート
この光景が懐かしい
あなたと出会ったのは飲み会
あなたの通う大学とわたしが通う短大のメンバーの合コン
あなたはその中の一人
わたしもその中に一人
ただの人数合わせで来たわたしは合コンは正直苦手
無理やり盛り上げる雰囲気が疲れるから
親友からのお願いでしぶしぶ参加
合コンが始めるとやっぱり男性陣はテンション高い人ばかりで・・
でも・・一人無口な人が・・
そう・・それがあなただった・・
この人と話してたら疲れないと思って話しかけた
そしたら「ニコッ」って笑ってた
なんか「かわいい」が第一印象
大学のことや色々話し・・てくれた
九州出身で標準語がまだうまく話せないこと・・
無口じゃなくてお嬢様短大の相手で緊張してること・・
合コンに参加のメンバーは大学のサッカーサークルの同級生だということ・・・・
毎週意味もなく渋谷と代官山に一人で行っていること
両親と妹と仲がいいこと・・
そして・・
大学卒業した田舎で就職すること
だから・・
大学卒業したら離れ離れになるから・・
悲しませるから・・
東京で彼女はつくらないこと・・
その時は「変に真面目だな」ぐらいしか思わなかった
まさかその言葉がわたしの心にずっと残ることになるなんて
その合コンでカップル誕生
わたしとあなたじゃない
その時は・・
カップルはわたしの親友とあなたの友達
必伝的にわたしとあなたは鍋パーティーや飲み会に呼ばれて会う機会が増えた
正直これはしぶしぶじゃなかった
あなたに興味があったから・・
田舎のないわたし
親や兄弟ともそんなに仲がいいわけじゃないわたし
田舎を愛するあなた
親や妹を大切に思うあなたに興味が・・
そして笑顔と興奮するとでる九州弁が愛おしかったから
あなたも同じようにわたしに興味を持ってくれた
そしてわたしから告白
「大学卒業までの2年間だけでいい」
「卒業して東京に残ってなんか言わない」
「好きだから一諸にいて」
あなたは少し考えて
「最初出会った時、東京で彼女はつくらないと言った覚えてる?」
わたしがうなずくと
「大学に入学してずっと仲よくなった女性には言ってきた言葉なんだ」
「もし付き合っても大学卒業したら田舎で就職するからお別れしないといけない・・だから申し訳ないから
彼女はつくらなかった。でもおまえに出会って凄く苦しくなった。会う度に楽しくて、かわいくてずっと一諸にいたくて、俺が興奮してでた方言をケラケラ笑う姿が・・彼女になってほしいって強く思うようになった」
「でも大学卒業したら田舎に帰ることは変えられない・・」
「本当にそれでもいいの?」
わたしがうなずくとあなたは強く抱きしめてくれた
でも・・わたしは知ってた
あなたが少し震えてたの・・
その理由を知るのは2年後
長かった2年間
あっと言う間の2年間
その日からカウントダウンが始まってた
愛のスタートは・・
別れのカウントダウン
2年間は色んなところに行ったね
わたしは東京や横浜を案内して
あなたはあなたの田舎や福岡を案内してくれた
凄く楽しかった
始めて行く九州は本当に食べ物がおいしくて自然も綺麗で
そしてあなたが凄く楽しそうに案内してくれるのが嬉しかった
でも・・それが少し寂しい気持ちになったのも事実
そして2年が
ゴールのようなスタートのような
別れのような出会いのような
地元の会社に就職が決まってたあなた
わたしも東京の会社に・・
別れるともこのまま付き合うともお互い言わず・・いや言えず
そしてあなたが東京を離れる日
空港まで一諸に向かう車の中はいつも通り他愛のない話
搭乗手続きが済み
待合席に座る二人
わたしは機内で食べてってサンドウィッチを手渡す
あなたは「寒くない」ってわたしの手をずっと何回も握りかえしてた
「もうすぐ4月になるから寒くないよ」って心に中で思ったけど言わなかった
そして搭乗口が係員がきて次々に人が機内へ
でもあなたは席を立たない
わたしがなたが「行かないと」と言うと
「一諸に田舎に来てくれないか」
「すぐじゃなくてもいいから 一諸になりたいんだ」
少し涙ぐんでるあなた
「それはできないよ」
「約束だから」
「お互い今日からがスタート」
そうわたしが答えると一目をはばからず泣くあなた
「でもわたしがあなたを凄く愛してるのはわかってほしい」
そうわたしが言うと
あな涙を拭って機内入り口へ
そして振り向いて
「ありがとう!身体に気をつけろよ!愛してる!」って大きな声で
周りの人がジロジロ見てたけど涙でぼやけてよくわからなかった
それがあなたの最後の会話
風の便りであなたが決婚したことを聞いた
あの時あなたの言葉に応えなかったのは
あなたが優しから・・
あなたはわたしを想って言ってくれると思ってた
だから・・
すぐにでも一諸について行きたかったけど
わたしへの優しさじゃなくて・・
わたしのことが本当に好きで
来てほしいなら
もう一度連絡があると思ってた
あなたは本当に優しい人だから
でも連絡はなかった
待ってたと言うと重いだろうから
少し待ってた
でもわたしはあの日からスタートじゃなかった
月日は経ったけど時計は止まったまま
あの日がスタートだったあなたとは時間軸が違う
それが少し寂しくて・・
だからその時間軸を戻したくて
あなたとの思い出のあのアパートへ来たの
でもアパートやあなたと歩いた道に来てわかった・・
あの日あの時・・
最初に出会ったとき
あなたはわたし教えてくれてた
一諸になれないことを
それは忘れてたわたしは悪い
忘れてるふりをしてたわたしが悪い
もしかしたら・・って思ってたわたしが悪い
あなたは本当に優しい人

幾ばくかの愛 過ぎ行く時間は忘れさせてくれる

2月の風は冷たくて
車が通るたびにガードレールが泣いてる
曇天の空は・・
あなたとの関係を表している
過ぎ行く時間は愛を深め
過ぎ去りし日は愛を希薄にする
触れ合う手は暖かくて
絡め合う指はとても冷たい
わたしに目を見なくなったあなた
嘘をつけない性格が好きになったけど
嘘をつけない性格がわたしを傷つけ
嘘を見過ごせない自分を恨んだ
若くない二人だからお互い許し合うこともできたけど
若くないからできなかった
みんなに内緒だった二人
もう内緒なんてない
あなたが求めた世界
わたしが恐れてた世界
ふたりが描く世界は同じじゃなかった
愛する気持ちは一諸でも
描く世界は一諸じゃなかった
明日からくる何でもない毎日は
どんな世界だろう

コロナビール

わたしはお酒が飲めない
いや飲めなかった・・
あなたに会うまでは・・
あなたは会社の同僚
明るくて仕事もできてかっこよくて
会社ではあなたに憧れる人が多かった
そして・・
無類の酒好き
泥酔したり暴れたりしないからいいんだけど・・
毎日のように飲み会を開いてた
わたしは飲めないから遠慮してたけど・・
なぜかいつも誘ってくれた
飲めないのに・・
何回も誘われるからさすがに悪いと思って飲み会へ行くことに
そしてあなたの行きつけの居酒屋に行くとあなたが一人
「みんなは?」というと「二人だよ」って・・
???
いつもみんなで飲んでる飲み会に誘われたはずなんだけど・・
するとあなたいわく「みんなには中止って言った!」・・らしい
また???
キョトンとするわたしに
「二人きりで飲みたかったから」
訳が分からなかったけど・・
それがあなたとの最初のデート(?)かな
それから付き合うようになっていつも居酒屋やバーに連れてってくれた
わたしは飲めないけど
あなたはいつも初めて行く店で店員に最初に聞くことがある
「コロナビールありますか?」
そうあなてゃ無類のコロナビール好き
正直あなたに出会うまでは存在自体知りませんでした
焼酎・日本酒・ワイン・ウィスキーなんでも飲むけど・・
ビールはコロナ
そんなお酒好きの彼氏を持つと少しづつ飲んでたら・・
少しだけど飲めるようになった
少しだけど
でもやっぱりチューハイやカクテルくらいでビールは飲めない
コロナビールも何度も薦められるけど・・
無理だった
あなたは・・
あなたは・・今でもどこかでそのビールを飲んでるんだろうね
わたしは今でもあまり飲めません
でも飲み会でついつい店員に聞いてしまいます
「コロナビールありますか?」
飲めないのに・・
飲む人は横にいないのに・・

恋は続くよいつまでも・・

並木道を歩くあなた
表参道は眩い人ばかり
九州で生まれPARCOが最高にお洒落な場所だと思ってた
上京してからも都会に馴染めなくて仕事場と一人暮らしの家を往復だけ
買い物は近くのスーパー
服やバックなんてずっと買ってない
彼氏なんて夢の又夢の生活だった
あなたに会うまでは
あなたと出会ったのは近くのコンビニ
家の近くのコンビニでよく見かけてた
ちょっと「かっこいい」と思ってた・・
いつもスーツ姿でビールと・・シュークリームを買ってた
ビールとシュークリームって合う?って思いながら・・
そして12月に寒い夜
あなたがいつものようにビールとシュークリームの入った袋を抱えみコンビニにから出てきた
そして擦れ違いざまに「あの・・一諸に飲みませんか?」
わたしは・・
ビールはビール
シュークリームはシュークリーム
単独で飲みたいし食べたい
という心の声は上げず
「はぁ~」とどちらでもない返事をして
それから何度もコンビにで誘われ1月の最後の週末近くの居酒屋へ
話してみると面白いし何と住んでるマンションは隣
そしてなんと・・田舎が同じ
おんせん県と名乗る県の別府市と大分市
奇遇も奇遇
3つ上のあなた
話ていくと共通の知り合いもいて・・
なんか運命みたいだねって・・
そんなこんなで付き合いだしたあなたとわたし
ふたりだと東京は楽しくて・・キラキラ場所
ふたりでいつも表参道を歩くのが好きだった
「俺たちのこと九州の田舎者だとわかるかな・・?」って言いながら並木道を歩く
そんななんでもない日々が楽しかった
そんななんでもない日々も今日で終わり
あなたは実家のお父さんが体調を崩して入院
長男にあなたは急遽実家の旅館を手伝わないといけなくなった
わたしはwebデザイナーの仕事が軌道に乗りかけてたから一諸に帰れない
それがわかってたから「一諸に来て」なんて言われなかった
いつもより口数が少ないあなた
そしていつもよりゆっくりとした歩くスピード
この時間が終わないように・・なのかな
わたしもあなたの腕を強く握って前に行かせない
だけど並木道は終わり原宿の交差点へ
ここでお別れ
別れるともこのまま付き合うともお互い言わず・・
「さようなら 元気で」とあなたが切り出して
「さようなら 頑張って」とわたしが呟いた
そしてわたしをそっと抱きしめてあなたはい渋谷方面に歩いていった
別れてない・・
別れを告げられてない・・
だから仕事を頑張って・・
いつかあなたの元へ・・
終わりじゃない
恋は・・
恋は続くよいつまでも
だってあなたが好きだから・・