「あなた」になった日

わたしは美容師の見習いとして働いていた
美容師を夢見て地元の高校卒業して地元の美容室に就職
華やかな世界に憧れて就職するも現実は厳しい
見習いとして雑用や補助の毎日
やっとシャンプーを担当させてくれるようになったが、肌の弱いわたしは荒れた手の痛みに耐える日々
給料は安いし閉店後のカラーやカットの練習で帰るのはいつも11時過ぎ
でも綺麗になって帰るお客さんの笑顔を見るとやりがいを感じてた
でもある日いつも通りシャンプーを担当していた時、年配の女性のお客さんからわたしの荒れた手を見て
「店長!担当を変えて。あんな手の子は嫌だから。」
ゴム手袋をはめているものの荒れて皮膚がただれて少し出血していたわたしの手
しょうがなく担当を代わりわたしはバックヤードへ
バックヤードで泣いてしまった
次々と同僚が慰めてくれたけどやるせない気持ちは無くならない
5分くらい泣いてたら店長が来て
「指名が入ったよ!」
うん?わたしみたいな見習いに指名なんか入るわけがない
「どういうことですか?」
泣いて腫れた目で店長に聞くわたし
「シャンプーの指名」
まだ状況は呑み込めない
そもそもシャンプーに指名なんてない
よくわからない状況で泣いていたと悟られないように笑顔でシャンプー台に
そのシャンプー台には常連客の男性が
わたしより少し年上で真面目な感じでシャンプーを担当することが多くて話やすいAさん
「おまたせしました。よろしくお願いします。」と言うわたし
「こちらこそヨロシク!」というAさん
なぜ指名してくれたのか聞きたかったがシャンプーの仕事に集中しなきゃともくもくと髪を洗うわたし
いつもはわたしがシャンプー中に世間話をするけど今日はAさんが話しかけてくれる
いつもの楽しい会話が続いて落ち込んでいたことなんて忘れてしまってた
そしてシャンプーが終わりマッサージを鏡台に移動してAさんにマッサージ
話が盛り上がって笑い過ぎて涙が
マッサージが終わりわたしの役目は終了
またバックヤードに戻る前にやっぱり指名してくれた理由を聞きたくてAさんに尋ねた
「あの・・なぜ指名というかなんというか・・わたしにシャンプーを担当させてくれたんですか?」
鏡越しのAさんは笑顔で
「あなたにシャンプーをしてもらいたいと思っただけ」
「まだまだ経験は浅いかもしれないけど一生懸命シャンプーしてくれるし話してて楽しいし」
「手が荒れてるのは一生懸命頑張ってる証拠。だからさっきのおばさんみたいな人なんか気にしなくていいよ!」
「あのおばさんはあなたのシャンプーと会話ができなかったから損してるのよ」
「美容室は確かに髪を綺麗にしてもらいたいから来るものだけど、非現実的空間でリラックスして楽しい時間を過ごしたいって人が多いんだよ。技術は時間と努力でどうにでもなるけどあなたのお客を癒すシャンプーや会話は魅力だよ!」
「ね!店長!」
大きく頷く店長。
涙を見せないようにバックヤードに逃げるように隠れるわたしをAさんと店長は笑ってた
バカ!でもありがとう!なんて優しい人なんだろうと思った
その日からAさんとは今まで以上に仲よく話すことができた
あくまでも美容師見習いとお客様
月に一度10~15分の楽しい時間
そんな関係が変わったのはわたしが美容師を諦め美容室を辞めた日
手荒が酷くなり痛み止めを飲みながら仕事をしてたけどシャンプーや染毛剤・パーマ液に耐えれる肌体質ではなく泣く泣く美容師を諦めた
そして勤めてる美容室を辞める日
色々な思いを巡らせて最後の仕事をしてたらAさんが来店
よかった・・あの時の優しい言葉も含めてお礼が言いたかったから
わたしが辞めることなんて知らないだろうから、いつも通りにシャンプーをして会計が終わって店を出る時に辞めることを伝えようと思った
Aさんに最後のシャンプー
今までの感謝を込めて入念に
いつも通り楽しい会話
この楽しい時間が最後だと思ったら自然と涙が出てきた
でもなんとか我慢して無事終了
そして会計が終わりAさんを見送るため店の外へ
わたしはお別れと感謝を伝えようと「Aさん」と呼ぶとAさんが持ってる大きなバックからゴソゴソと何かを取り出してる
うん?何?
するとバックの中から花束が・・
え!ウソ!
「お疲れ様でした!辞めるのを店長から聞いて来たんだよ!」と花束をわたしに・・
「あ・・あの今までありがとうございました・・あの・・Aさんには本当に・・」
突然のことでシドロモドロのわたし
にこにこ笑うAさんとオロオロするわたし
そしてAさんは急に真面目顔な顔になって深呼吸をして話始めた
「もしよかったら付き合ってくれないかな?毎月美容室で頑張ってる姿を目で追ってる自分がいて・・シャンプーの時の会話が自分を本当に癒してくれることに辞めるって店長から聞いて気付かされた。好きなんだって。だからもう会えないなんて・・側で応援し続けたいんだ。」
嬉しさと驚きが入り混じって涙が止まらない
うずくまって泣くわたし
「大丈夫?」と不安そうに聞くAさん
なかなか戻ってこない店長が心配して見に来た
Aさんと一諸にオロオロ
そんな重い空気の中わたしはポツリと一言
「お願いします」
察した店長がAさんに抱き着く
店長「よかった」
Aさん「ありがとうございます」
そうして退職の日はあなたとの始まりの日となった
Aさんから「あなた」になった日

赤信号

私の家の近くの信号
幹線道路沿いだから私の家まで渡る信号はいつも赤信号
あなたが私を家まで送ってくれる時この信号が青になるまで一諸にいてくれる
子供の時はこの信号がなかなか青にならないのが嫌だった
見たいテレビやおやつが待ちきれなくて
でもあなたに会って
ずっと赤信号のままでいいのにと思った
赤信号のままなら別れなくいいから・・

あなたのマスク下さい 吐息を重ねる幸せ

あなたのマスクを下さい
コロナ過で会えない日々
毎日見るニュースでPCRというキーワード
マスク無しで外出できない日常
あなたの吐息がわたしの頬を伝う幸せ
少し前までマスクしてる人が異質
今はマスクしてない人が異質
「コロナに負けるな」
そんな言葉より
「アイシテル」をあなたから聴きたい
マスクでわからないけど
もうわたしの吐く息は白くなってきたよ
去年の冬は二人の白い息が重なりあってたクリスマス
今年はどうだろう
なにもかもおかしくなったけど
あなたは変わらないと思ってた
でも違った
マスクで覆われた唇は誰のモノ?
あなたのマスクを下さい
あなたの吐息を感じたいから
あなたの愛を逃がしたくないから
耳が痛くても逃がしたくないから
あなたのマスクを下さい



コロナで分かったあなたの気持ち

新型コロナウイルスでわかったこと

ウイルスの怖さは映画や漫画の世界じゃない現実だということ
不自由という自由
人間の適用能力の高さ
マスク越しの視線は心に突き刺さること
触れるという行為への躊躇の寂しさ
PCRというアルファベットへの慣れ
今そこにある危機という危機
「会う」という普通から「会えない」という普通に移行
人間は家に籠ると壊れていくということ
「音楽」に救われることへの再認識

あなたに会えないから会いたいと思う真実
見えないものは愛だけじゃない
ウイルスも見えない
見えないものほど見えるモノにしようとする

不安なのはコロナじゃない
あなたのそのやさしさ


密です密です!二人は密です!

新型コロナウイルスの影響であなたと会えない

外出自粛

遊園地も映画館も閉まってる

行くとこないけど

会えればいい

車の中でも

公園でも

どこでもいい

密は禁止されてるけど

あなたとの密は我慢できない

触れ合う手

強く抱きしめて

唇が重なり合う

密です

だって好きだから

コロナになんて負けない

二人は密です!



鍵のかかった部屋

わたしが通ったあなたの部屋

毎日あなたが帰ってくるのは待って

ごはんを食べて

実家暮らしのわたし

10時になったら帰る

休みの日はその部屋でゴロゴロ

出不精の二人はゴロゴロ

でも楽しかった

なんでもない日々

大切な日々・・だった

ちょうど3回目の夏が過ぎて

秋にはその部屋に行かなくなった

いや・・行けなくなった

突然の別れ

毎日通ってたからついつい仕事帰りに小田急線に乗ってしまう

あなたの部屋がある向ヶ丘遊園駅に向かって

多摩川を超えるともうすぐ・・

いつも多摩川を見ながら笑顔になってた

でも今は・・

「川崎は東京みたいなもんだよ」

あなたはいつもムキになってた

わたしが目白に住んでるからバカにしてるって・・

そんなことないのに・・

あなたが住んでたから凄く好きだった 川崎

でも今は訪れるとあなたの思い出ばかりで

現実と思い出が交錯して辛い

あなたの住んでた街

あなたが住んでた部屋

あなたからもらった部屋の鍵

もうあなたの部屋にその鍵を差しても開かない

あなたとの思い出の部屋

でも今は

ただの鍵のかかった部屋



緊急速報 Jアラートが鳴るたびに

緊急速報
Jアラートの音でわたしは一瞬心臓が止まる
大地震を経験したわたしたち
Jアラートが鳴るたびにあの時を思い出す
石巻にある大学に通ってたあなた
あの地震の時連絡が取れなくて
九州は大きな被害はなかったから最初は大丈夫だと思ってた
だけどテレビで東日本の悲惨な状況を目の当たりにして
わたしことの重大さに気付いた
携帯に連絡しても繋がらない
あなたの親に聞いても連絡がないと・・
いてもたってもいられない日は10日続いた
そして11日にあなたの親から無事だとの連絡
ずっと泣いてたから涙はもう出ないと思ってたけど
嬉し涙は別だった
本当よかった
それから地震速報やJアラートを聞くとあなたの無事を思うようになった
あなたの苗字になって一諸に住んでる今も
それは変わらない・・


SNSで繋ぐ愛情 フォロワーはわたしだけ

出会った時はPHS
それから携帯になり
メールを送り合って
絵文字が苦手だった
メールより話したかった
お互いメールが苦手だったけど
ケンカしたときはメールで仲直り
あなたとわたしの二人の世界
そして携帯からスマホへ
メールからLINE
Twitterやフェイスブックやインスタグラム
二人の世界から不特定多数の世界へ
でも・・
やっぱり二人の世界がいい
電波が入らなくて携帯を上に掲げてウロウロして
ショーメールからメールになって
絵文字ができて
でもどんなに色々変わっても
最後にあなたからくる言葉は
「愛してる」
その言葉はどんな言葉よりわたしを幸せに
ずっとあなたのフォロワーはわたしだけ


首筋に触れる唇 あなたの香りが忘れられない

あなたの首筋
わたしが一番安心する場所
その首筋に顔をうずめて寝るのが幸せ
あなたの首の香りが好きで
今でも覚えてる
好きな人の香はなぜ覚えてるんだろう
いろんな香水があるけど
あなたの香りが一番好き
鼻の粘膜と脳が覚えてる
あなたの思い出は少しずつ忘れていくけど
あなたの香りは・・
忘れない

母の日のプレゼントはあなたとの結婚

母子家庭で育ったわたし
母はわたしが小さいころに離婚
女手一つでわたしを育ててくれた
パートを掛け持ちして生活費を・・
わたしが寝たあとスナックのバイトもしてたを知ってる
わたしが気づかないように
だから私が大学にも行くことができたし
そんなにお金で不自由した思い出はない
だから早く自立して母親を楽にしてあげたかった
大学を卒業して地元に市役所に就職
そこで知りあった同じ市役所の後輩と婚約
わたしが結婚する人の条件
収入が安定している
長男以外(次男が良い)
浮気をしない
母親との同居ができる
この条件で探したの
正直見た目なんてどうでもよかった
そして見つけたのがあなた
優しくて
わたしの家庭環境を理解してくれて
なにより母がお気に入り
最初は条件だけで探してたけど
本当にいい人と出会ったと思う
だから今年に母に日のプレゼントは・・
あなたとの結婚
喜んでくれると思う
結婚したらわたしの実家で同居して
近い将来家を建てる
母の部屋も用意して
二世帯住宅じゃない
一世帯住宅
借家暮らしで苦労かけたから
マイホームに住ませてあげたい
あなたは母への最高のプレゼント